エンジニアリングとお金の話

都内で働くエンジニアの日記です。投資と技術の話題がメインです。

お金との向き合い方について

【SPONSORED LINK】

最近思うのだが物欲が無くなってきている。服もユニクロで満足だし、車もいらない。更に結婚もしたからデート代などにお金を消費することもなくなった。

若い頃はゲームや車など色々欲しい物があった。その為、早くお金を貯めて手に入れたいと思っていた。お金を貯める為には節約をする必要があるので、節約に努め、節約したお金を元に株式投資を始めた。そのお陰でかなりの金額の資産を30代の内に築くことが出来た。

ただ、長年の節約の影響か歳を取ったせいか分からないが本当にお金を使いたいと思う機会が無くなりつつある。若い頃にあんなに欲しかった物が今は全然惹かれない。

では物欲が無くなっていくとお金に対して愛着が薄れるかというと、逆に強くなっている。説明しづらいがお金をコレクションしているような感覚である。コレクションなので増えると純粋に嬉しいといった感じの気持ちになる。欲しい物を買う為にお金を貯めていたのに、それが次第にお金を貯める事が目的になっている。手段の目的化とはこう言うことなんだなと思う。

ちなみにこの様な状態になると自分の中でインフレが起こる。感動を得る為に掛かる金額が増加するのだ。例えば貯金が10万しか無い状態で1万円使えば凄い満足感を得ると思うが、現在は1万円使っても同様の感動を感じないのである。資産の増加と共に感動に関する感度は低減していく。

なので、ある程度のお金が貯まってきたら強制的に使う様に心掛けた方がいいのではと最近思ってきた。お金は貯めるの大変だが、貯まってくると使うのも大変になる。この事実を胸に今後はお金と向き合っていきたい。