エンジニアリングとお金の話

都内で働くエンジニアの日記です。いかに人生をお得に過ごすかをテーマに色々な情報を発信していきます。

お金を増やす方法について

【SPONSORED LINK】

自分の周りでお金が貯まらないとボヤいている人が多い。自分は30半ばにして結構な額のお金を貯める事が出来たのだが、振り返ると以下の公式を意識していたことが大きいと思う。

お金を増やす公式
(収入 - 支出) ☓ 運用

この公式から分かる事は

まず収入-支出がプラスになる様に管理しないといけないと言うことである。収入-支出がプラスになるためには、

  • 収入を上げる
  • 支出を下げる

の2種類の方法が考えられる。

収入を上げる為には、出世やノルマを達成する等、現在の仕事から貰える給料を上げる為に努力する事が考えられる。また、副業等を行い別の収入源を作るというのも手段の一つと言える。

支出を下げる為にはまず固定費と変動費を分けて考える事が大切である。固定費とは家賃や携帯代等の毎月必ず発生する費用の事を指す。また変動日は食費等の月によって変動する金額のことである。節約というと食費を削る事を検討しがちだが、大切なのは固定費を削ることである。固定費を削る事が出来れば毎月の支払いを確実に減らす事が可能となる。家賃が高い場合は実家から通う事を検討したり、携帯代については格安simを活用する等し確実に支出を減らしていく事が大切である。

この収入-支出の関係がプラスになると徐々にではあるが貯金が増えていく。ただ、これだけではゆとりがある金額まで貯金を行う為にかなりの時間が掛ってしまう。そこで大切となるのが運用することである。

運用は金額が小さい時はあまり意味を感じないが、金額が大きくなってくると加速度的に稼げる様になってくる。また、どの様な資産を買うべきかについては株をお勧めする。貯金額が100万を超えたあたりから30万円程度を上限に株取引を行う様にし運用を学んでいくとよい。特に株主優待を行っている企業であれば大幅な下落があった際も戻りが早く、また株主優待を取得する事で支出を減らす事が可能となる。なお、くれぐれも投資に慣れないうちは全ての貯金額を投資してならない。運用で大切なのは時間を欠けてお金を増やす視点を持つことである。

繰り返しになるが

  • 収入を増やす
  • 支出を減らす
  • 運用する

この3つを意識する事がお金を貯める上では大切である。中々貯金が出来ない人はこの3つのどれかに問題があるはず。今一度自分の状況を整理し何が問題化を把握する事がお金を貯める為には必要です。