エンジニアリングとお金の話

都内で働くエンジニアの日記です。投資と技術の話題がメインです。

お金を稼ぐのにお金が必要な理由

【SPONSORED LINK】

お金持ちになる為に何が必要かというとそれはお金である。

当たり前では無いかと思うがここで大切なのは税金についての考えかただ。

現在日本で労働でお金を稼ぐと所得税として税金が引かれる。日本の所得税は累進課税という制度をとっている為、収入が大きくなる毎に支払わなければならない税金の金額が大きくなる。なお、最高45%が税金として取られていく。 f:id:hatakazu93:20181102074553p:plain

1億稼いでも4500万円が税金で持っていかれるのである。これではどれだけ稼いでも手元には半分のお金しか残らない。しかも会社勤めの人なら源泉徴収という形で自動的に税金が引かれて行くのであまり意識もしなくなる。労働だけでお金持ちになるのが大変なのはこの税金の高さが影響していると考える。

なお、株式投資で利益をあげた場合も税金は取られるがどれだけ稼いでも税金の金額は利益の20%と決まっている。これなら1億稼いでも8000万を手元に残す事が出来る。また、そのその利益の8000万を投資に回し、更にそれがお金を生みとサイクルを回す事によりお金持ちになっていくという感じだ。

タネ銭が小さいうちは稼げる金額が小さくので労働収益>投資収益となってしまうが利益を積み重ねタネ銭が大きくなっていくと労働収益<投資収益となっていく。投資収益はどれだけ稼いでも税金は20%と上限が決まっているので労働だけで稼いでいる人よりも手元に残る金額は多くなる。投資で稼ぐ事がお金持ちになる為には有効な理由はこういう事だ。

現在の税金に関するルールがこの様な作りになっている以上どうしても投資で稼ぐ方が労働で稼ぐよりも有利となってしまう。ただがむしゃらに頑張るのでは無くルールを理解し一番有利な戦い方をする事が大切である。