エンジニアリングとお金の話

都内で働くエンジニアの日記です。いかに人生をお得に過ごすかをテーマに色々な情報を発信していきます。

エポスプラチナカードのコスパの高さについて

【SPONSORED LINK】

どのクレジットカードをメインカードにするべきかここ3年程迷走していた。数年前まではライフカードをメインカードにして誕生日5倍キャンペーンを利用する事により2%〜3%程の還元率を達成していたのだが、改悪によりその手法が使えなくなってから難民状態となった。

楽天カードやリクルートカード等様々カードに手を出し思考錯誤をした結果たどり着いたカードはエポスカードであった。自分がエポスカードに落ち着いた理由を書く。

エポスカードとは?

エポスカードは丸井が発行しているクレジットカードである。ポイント還元率は0.5%けして高くは無い。ただ、1年間に4回マルオとマルコの7日間というキャンペーンをやっておりその期間なら全ての商品を10%OFFで購入出来る。

エポスカードにした理由

結論から言うとエポスカードプラチナがお得過ぎるからだ。エポスプラチナカードはエポスカードの最上級カードで年会費は自分で申し込んだ場合は3万円、インビテーションから申し込んだ場合は2万円となる。プラチナになると受けられるサービスは以下の通り。

  1. プライオリティパスに登録出来る(通常年間399ドル)
  2. エポスプラチナカードグルメクーポンが貰える
  3. Visa プラチナ・コンシェルジュ・センターが使える
  4. 手厚い海外旅行保証

ざっと挙げるとこんな感じだ。プライオリティパスは世界中900以上の空港ラウンジが使用出来るパスで普通に申し込むと現在のレートで4万5000円程掛かる。また、エポスプラチナカードグルメクーポンは会員を含む二人以上のご利用で、会員本人分のコース料理が無料となるクーポンである。東京だけでも60店舗以上の店を半額の料金で楽しむ事が出来る。webで予約してエポスプラチナカードで支払いするだけでいいので、彼女や大切な人とのデートに活躍すること間違い無しである。 f:id:hatakazu93:20181104120048p:plain

また、年間の利用金額に応じてボーナスポイントが付与される。100万円分使用すれば2万ポイント貰えるので実質無料でプラチナカードを持つ事が可能となる。 f:id:hatakazu93:20181104120447p:plain

高還元率なカードを持つのも確かに良い選択肢だと思うがこれだけのサービスを受ける事が出来るのであればエポスプラチナカードは十分検討に値する。正直こんなにサービスして大丈夫?と心配になるレベルである。

お得な使い方

年間に100万円使えば2万ポイント貰えるので実質無料でプラチナカードを持つ事が出来ると書いたがそんなにカードを使わないという人も多いと思う。その為活用したいのが丸井が提供しているtumiki証券である。tumiki証券はエポスカードで毎月投資信託の購入が出来る証券会社である。現在は4商品の投資信託商品を購入可能で最大月5万円まで積み立てる事が出来る。このtumiki証券で購入した金額はボーナスポイントの加算対象なので年間100万円も使わない人は投資信託を購入する事でクリアする事が可能となる。

www.tsumiki-sec.com

また、意外と知られていないのがマルイとマルオの7日間と他のキャンペーンが一緒になった時に両方の割引が適用されるということだ。特に無印良品は良品週間という10%OFFになるキャンペーンを行っておりこのキャンペーンが重なる時は最大20%OFFとなる。また、ユニクロの創業祭が重なる時もお得度が高く買い物をする事が可能である。この様なイベント時だけ活用する為にエポスカードを持つというのはお勧めだ。

やっと自分が満足出来そうなカードと出会う事が出来た。現在ゴールドカードなので早く100万円分使用しプラチナのインビテーションを貰える様にしたい。