エンジニアリングとお金の話

都内で働くエンジニアの日記です。いかに人生をお得に過ごすかをテーマに色々な情報を発信していきます。

誰でも出来る起業について

【SPONSORED LINK】

インターネットの普及に伴い個人買いでの売買が簡単に行える時代になった。メルカリやヤフオク等数え挙げればキリが無い感じである。

その様な状況の中で今回考えさせられたのが2chの下記の記事である。

world-fusigi.net

転売に関する記事なのだが元手10万から初めて年商2億まで達成した人がどの様にしてそこまで稼げるようになったのかが書かれている。

ここでポイントとなるのが普通の人がやらないことを当たり前にやることだ。

スレ主の人が行った事はまとめるとこうだ。

  • 自分の名刺を作る
  • 各種展示会に参加し仕入元を作る
  • 商品を仕入れる
  • amazonで販売する

安く仕入れる先を確保して高く買い取ってくれる人に販売する。誰でも考えつくことだが実際に行動を起こす人はゼロに等しいだろう。大切なのは行動することだというのを実感する記事であった。

ちなみにこの転売ビジネスで大切なのは目利き力である。スレ主の人は、つけまつげが2000円で売れることに疑問を持ち商売を始めたとのこと。自分が得意な領域がある人はその中から稼ぐことが出来ないか今一度考えてみることをお勧めする。

またこの記事の中でそうだよねと思ったのは以下の部分である。

なんか「起業したいけど何すればいいの?」みたいな書き込みがあるんで 「何をするか」とか「何を扱う」とかを先に考えちゃうと 踏み出せないと思うのです そうではなくて、商品なんて何百何千とあるんですから 「どれ?」とか考えないで Amazonで売ってるアイテムで売れてそうなレビューの多いのを見つけて それを自分が売れば簡単なんだよと 起業したいけど?みたいな人の参考になればなと思った次第です 後は会社で儲かった分は駅近くに土地を買ったりしまして Amazonで売ったりとかは逆に片手間になって 駐車場収入に切り替えているので 次に起業したい人が同じ事すればいいかな?とも思います。

起業というと出来ることが多すぎて何処から手をつければよいのか分からずに結局踏み出せない人が多いと思う。だから最初は売れてる物を自分で仕入れて高く売るということぐらいから始めるのが良い。まずは一歩踏み出すことが大切で頭であーだこーだ考えるよりも自分が出来ることから着手するべきである。

あとこのスレ主も言っているのだが転売ビジネスは薄利多売である。商品を送る必要もあり手間も掛かる。自分が思ったのはだからこそ頭の良い人はあまり参入してこないのではということである。賢い人は手間が掛からず利益率が高い商品で商売を始める。ホリエモンも儲かるビジネスは以下の通りと言っている。

  • 小資本で始められる。
  • 在庫がない(あるいは少ない)
  • 利益率が高い
  • 毎月の定期収入が確保できる

このようなビジネスを組める人はその分野で戦っていけばいいと思う。だが、儲かるビジネスには優秀な人が集まってくるので待っているのは熾烈な競争である。凡人には手間が掛かりそんなに儲けも出ないようなビジネスの方が結果向いているのではと思う。

出来ないことを考えて何もしないよりも、自分が出来ることを考えてやることの方が絶対に意味がある。まずは一歩を踏み出そう。