エンジニアリングとお金の話

都内で働くエンジニアの日記です。いかに人生をお得に過ごすかをテーマに色々な情報を発信していきます。

投資で利益上げるために必要なこと

【SPONSORED LINK】

twitterでまつのすけさんのトレード手法の記事を見つけました。

zuuonline.com

読めば読むほど自分のトレードと似ていたので紹介します。

自分との共通点

  • トレードスタイルが順張り
  • マイナス10%でロスカット(自分は8%でロスカット)
  • 下落途中に買わない
  • 期待値が高い時しか買わない

自分も10年の投資活動でほぼ同じ様な結論に達しました。

まつのすけさんもジェシー・リバモアに影響を受けたと書いています。

自分もこの考え方に行き着いたのはリバモアのお陰です。

リバモアの本を読んだ時の感想を過去に書いているので気になる人は読んでみて下さい。

hatakazu.hatenablog.com

順張りとロスカットについて

何かの記事で読んだのですが日本人の8割は逆張りで投資するのだそうです。

恐らく多くの人が損をしたく無いという意識が働き、安くなった時に買えばそれ以上下落しないだろうとの考えより逆張りで投資を行うのだと思います。

自分の経験から言うとこの考えは間違っています。

株は流れに逆らってはダメです。

株価が下落した銘柄はみんなが下落するだろうと思うから売るのであって、株価が下落して安くなった=株価が上昇するでは無いのです。

なので、損をしたくなければみんなが上昇するだろうと思う銘柄を買う必要があります。

現在の株価で判断するのでは無く上昇を続けている・成長を続けている株を買うことが大切です。

自分も過去は逆張り派だったのでこの考えに行き着くまでは多くの失敗をしました。

ただ、逆張りから順張りに買えることにより6000万円以上の利益を得ることができました。

どの様な心境の変化があったのかについては過去記事をお読み下さい。

hatakazu.hatenablog.com

hatakazu.hatenablog.com

なお、順張り投資を行う際にセットで行わなければならないのが損切り(ロスカット)です。

順張りはその投資の性質上株価が高いポジションで投資を行う必要があります。

そのため、買った時点が株価の天井だったということが大いにして起こります。

天井からの株価の下落は急激なので大きなダメージを受けます。このダメージをコントロールするために損切りが必要となってきます。

株価が上がると思って購入しているのに思惑と逆の方向に動いてマイナスが出たのであれば、自分の考え≠株価の動きとなります。

このような結果になった場合は自分の誤りを認めて直ぐに撤退すべきです。

また、自分の経験として損切りは機械的に行った方がいいです。

損切りは投資で生き残るためのライフラインだと思っています。

自分の感情を入れずに確実に執行することが必要です。

大切なのは相場で生き延びることです。致命傷を追わないようにかすり傷の時点で対処することが相場で生き延びるコツになります。

まとめ

投資スタイルは人それぞれなので逆張り投資で大きな利益を上げている人も大勢います。

有名なところでは投資の神様ウォーレン・バフェットも逆張り投資派です。

ただ、逆張り投資は企業の本質価値を見抜く必要があるため難易度が高めなプロの投資法と言えます。

そのため、一般的な投資スキルしか持たない自分は順張り+ロスカットスタイルでの投資をお勧めします。

まつのすけさんは33歳で資産が億までいっているそうです。

自分はまだ億まで資産を構築出来ていないのですが、まつのすけさんをロールモデルにして投資に取り組んでいこうと思います。

会社員をしつつ、株で元手40万から月250万ちょい稼いでいる件

会社員をしつつ、株で元手40万から月250万ちょい稼いでいる件