エンジニアリングとお金の話

都内で働くエンジニアの日記です。いかに人生をお得に過ごすかをテーマに色々な情報を発信していきます。

資産運用EXPOに行ってきた

【SPONSORED LINK】

以前ブログで紹介した資産運用EXPOに行ってきました。

hatakazu.hatenablog.com

不動産投資、太陽光投資、投資信託、FX、仮想通貨と投資に関する色々なブースがあり非常に活気に溢れていました。特に不動産投資については各ブースの人がひっきり無しに話しかけてきます。押しに弱い人は一人では無く二人で行った方がいいかもしれません。

また、色々なブースで無料でメモ帳や飲み物を配っていました。今日の戦果としてアンパンを夫婦で6個ゲットしました。やたらとアンパンを食べている人を見かけたので相当な数を配っていたと思います。アンケートを書けば京都の八ツ橋が貰えたり、クオカードが貰えたりもしたのですが、恐らく後日営業電話が掛かって来るんだろうと思い今回はパスしました。

f:id:hatakazu93:20190126212826j:plain

今回わざわざ足を運んだのは内藤忍さんのセミナーを受講するためでした。以前からブログを読んでおり自分が投資を行う上で色々な考え方を学ばせて頂いた人です。

www.shinoby.net

セミナーの内容は不動産投資に関するものでした。内藤さんは現在9億円程借り入れをして物件を60個程取得しているとのことでした。また、これから不動産投資をするのであれば下記3つがポイントとのことでした。

  1. 都心
  2. 中古
  3. ワンルーム

不動産投資で一番大切なのはとにかく入居率とのことでした。入居率を上げるためにはみんなが住みたいと思う所に物件を保有する必要があります。人口流入が一番多いのは圧倒的に東京なので都心の不動産を購入するのがベストとのことでした。地方の不動産は利回りは高いけどその分入居率を上げるのが難しく、また土地が余っていることもあり新規物件が今もなお増え続けているのでやめといた方が良いとのこと。不動産投資はインカムゲインを追求する投資だと思っていたので利回りが高い物件を買えばいいのかなと考えていましたが見るポイントが違うことを理解して目からウロコでした。

また、中古物件をお勧めするのは新築物件は購入した瞬間に3割引の値段になることと、中古物件はある程度の築年数が経過すると値段が下がらなくなることを挙げていました。確かに築年数が古くなると30年でも35年でもどっちでもいい気がしてきます。

最後のワンルームについては日本は今後も単身世帯が増えていくので需要があるためです。NHKの調査で若者の7割が結婚をする必要が無いと回答しています。今後もこの流れが続くことが想定されるためファミリータイプよりワンルームとのことでした。

news.livedoor.com

今日のセミナーを受けて思ったのは投資の神様ウォーレン・バフェットのこの言葉です。

まともな企業を素晴らしい安値で買おうとするよりも、素晴らしい企業をまともな価格で買うほうがいい。

つまり不動産投資も株式投資と一緒で自分が欲しいと思う物よりもみんなが欲しいと思う物を買わないとダメです。そしてみんなが欲しいと思う物は当然それ相応の値段がするので、どうやって大量のお金を集めるかが不動産投資を行う上で最も大切な能力だということを理解しました。不動産投資はやったことが無いので全然分かって無かったのですが、今日のセミナーで競争のルールを理解出来ました。現在比較的ネームバリューがある企業に勤めているのでどれぐらいの融資が可能かを自分も確認しておこうと思います。

内藤忍さんのセミナーですが、早稲田大学で18年間程資産運用を教えていることもあり非常に分かりやすかったです。2月9日開催の世界の資産運用フェアでも登壇するとのことでした。現在事前受付中ですので投資に興味がある人は是非参加を検討してみて下さい。

sekainoshisan.com