エンジニアリングとお金の話

都内で働くエンジニアの日記です。いかに人生をお得に過ごすかをテーマに色々な情報を発信していきます。

ヒデヨシさんのブログが素晴らしかった件について

毎日読んでるブログ「俺の遺言を聴いてほしい」の「人間が力を発揮するために必要な3つの条件」が素晴らしかったです。

oreno-yuigon.hatenablog.com

人の成長で大切なのは

  1. 環境
  2. 当事者意識
  3. 適正

と3つが組み合わさる必要があります。自分の能力を向上させる努力も必要ですが、自分が高いパフォーマンスを出すことが出来る場所を見つける努力も大切ということです。

置かれた場所で咲きなさいという本がありますが、我々は植物ではありません。花が咲かないと思ったら自分に合った場所を探すべきです。置かれた場所がクソならばさっさと立ち去りなさいがこれからの潮流になるでしょう。

置かれた場所で咲きなさい

置かれた場所で咲きなさい

人生は運の要素が非常に大きいゲームです。運を掴む為に必要なのはただ一つ。試行回数を増やすことです。自分が輝ける場所を常に求める努力を忘れないようにしていきたいと思います。

運のいい人、悪い人―運を鍛える四つの法則

運のいい人、悪い人―運を鍛える四つの法則

  • 作者: リチャードワイズマン,阿部真理子,Richard Wiseman,矢羽野薫
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2004/01/30
  • メディア: 単行本
  • 購入: 4人 クリック: 162回
  • この商品を含むブログ (24件) を見る

Appleクレジットカード出すってよ

iphone se2が出ると期待された3月25日のAppleのイベントですが、見事なガセネタでした。母さん。もう僕のiphone 5sは限界です。。

悲壮感が漂う発表会だったのですがその中で期待が持てるのがAppleが出すクレジットカードの「Apple Card」です。

www.youtube.com

Apple Cardの特徴ですが以下の通りです。

  • iphoneから簡単に発行が出来る
  • 困った時や住所変更はメッセージアプリで対応可能
  • 毎日2%のキャッシュバック
  • iphoneを用いた高度なセキュリティ

毎日2%のキャッシュバックは大きいですね。アメリカでは今年の夏から提供するとのことでいずれ日本でも発行されるのではと思っています。

カードフェイスも今までに無いデザインでさすがAppleといった感じです。今年はLINEが初年度3%の還元率のカードを出すとの話も有るので熱い火花が繰り広げられそうですね。

支援家Kさんのvoicyが面白かった

ベンチャー支援家Kさんのvoicyが面白かったので紹介します。

voicy.jp

内容としては人生の不安に対してどのように備えるかということです。支援家Kさんいわく人生の不安が何故起こるかと言うと以下の2つからとのことです。

  • 死が近くなる
  • 不確定要素が多過ぎて分からない

多くの人はこれらの不安に対してお金を貯めることで備えようとします。しかし、本当に将来に備えてお金を貯めることがベストな選択肢なのでしょうか?そもそも未来がどの様になるか分からない中で将来に備えるのは非常に難易度が高いことだと言えます。

そこで、支援家Kさんがお勧めする方法がお金で将来に備えることをあえて諦めるということです。備えることを諦めることにより、無理に稼ぐ必要が無くなり自分が本当にしたい仕事をすることが可能になります。自分の人生を豊かにする仕事は本人の意志に関わらずパフォーマンスを生んでしまうので、お金を銀行に預けて少ない金利で運用するよりもよりも遥かに良い結果を生むという話でした。

ホリエモンも言っていますが、仕事=我慢の考え方から脱却して行かないといけない時期なのかもしれません。本当に好きなこと、やりたい事を追求すれば自ずと結果は付いてくるということです。自分を信じるかお金を信じるかは人それぞれだと思いますが、現代社会はお金を信じる方向に舵を切り過ぎだと思います。もっと自分を信じる時代が来ることを願うばかりです。

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

NHKを撃退するシールを貰った

錦糸町のパルコに遊びに行く途中でNHK撃退シールなるものを配っていたので貰いました。

f:id:hatakazu93:20190324190856j:plain

合わせてパンフレットも貰いました。NHKから国民を守る党という政党みたいです。

f:id:hatakazu93:20190324190915j:plain

f:id:hatakazu93:20190324191427j:plain

NHKについては色々が議論があると思います。ただ現在のように勝手に電波を配信しておいて各家庭からお金を収集するのは時代にそぐわない気がしています。電気や水道と同じでお金を支払わなければスクランブルを掛けて停止すればいいだけです。要はNHKを観ない権利も有るべきだと自分は思っています。

なお、パンフレットを読んだのですが、党の公約は以下とのことです。

  • 悪質なNHK集金人の戸別訪問を規制する条例の制定
  • 受信料を払わなくてもいいように、放送法の改定を目指す

自分もNHK集金人の戸別訪問は規制すべきだと思っています。理由はこのNHK集金人の戸別訪問のせいで居留守の件数が増えているのでは無いかと考えているからです。現在宅配便の再配達が問題になっていますが、NHKの戸別訪問が無くなればもっと居留守の件数が減って荷物の受け取りがスムーズになる可能性があります。そもそも、NHKを観たい人だけが観る制度にすればNHK集金という仕事も不要になるはずです。ムダな仕事はどんどん無くして行くべきです。宅配便の再配達が減り、NHK集金の人達が転職市場に出てくるという2つのメリットを得る為にも是非頑張って欲しいところです。

能力が低い人の戦い方について考えてみた

妻と一緒にご飯を食べていた時の会話が面白いとのことだったのでブログにまとめます。

内容としては能力が低い人の戦い方についてです。ここでの能力が低い人とは自分のことを指しています。自分は大学も出ておらず、また親は中卒ということもあり教育について全くと言っていいほど無関心で、学校で勉強しても社会に出たら何の役にも立たないが口癖でした。

以前読んだ橘玲氏の「言ってはいけない―残酷すぎる真実―」の中にこんな一説がありました。

知能の遺伝率はきわだって高く、論理的推論能力は68%、一般知能(IQ)は77%。知能は7~8割は遺伝するといえる

この本の内容の通り知能の7〜8割が遺伝すると言うのであれば、自分のポテンシャルが低いことは容易に想定出来ます。この知能が遺伝するというのは絶望的なことで、生まれた時から人生の難易度が決まっていると言うことです。分かりやすく説明すると、同じ100の努力をしても親から受け継いた知能という係数により以下の通り結果が異なります。

  • 係数が0.5の場合
     100 ☓ 0.5 = 50
  • 係数が1の場合
     100 ☓ 1 = 100
  • 係数が1.5の場合
     100 ☓ 1.5 = 150

係数が0.5と1.5の場合では結果が3倍異なることになります。ここで努力というものを勉強時間と過程すると係数1.5の人が3時間勉強すると結果は4.5となり、係数0.5の人が4.5の結果を出すためには9時間勉強する必要があるということです。その差は6時間。一日は24時間と言う制約があるので、同じ土俵で戦っても勝ち目が無いと言っていいでしょう。

では、能力の低い人が人生で成功を収めるためにはどうすれば良いのか?自分が導き出した答えは「運」を含むゲームに持ち込むということです。

世の中には2種類のゲームが存在します。

  1. 完全情報ゲーム
  2. 不完全情報ゲーム

No.1の完全情報ゲームとは「お互いの情報が完全に出そろっている」ゲームの事を指します。具体的に言うと将棋や囲碁等のゲームです。No.2の不完全情報ゲームとは、「相手プレイヤーの手札や情報を把握できない」ゲームになります。具体的に言うと麻雀や花札等になります。

ここで考えて欲しいのですが、現代社会は完全情報ゲームによって評価が決まる社会になっています。学校のテストはその典型と言っていいでしょう。完全情報ゲームの世界では知能が高い人が勝利します。その逆が起こることは無いと言ってもいいでしょう。将棋の羽生善治さんに何回戦いを挑んでも絶対に勝てないのと同じようにまぐれ勝ちが無いのが完全情報ゲームの世界なのです。

これに引き換え不完全情報ゲームは素人がプロを打ち負かすことが多々起こります。それは「運」がゲームの要素に入ってくるからです。つまり実力で勝てないのなら運の勝負に持ち込む必要があるということです。人生の勝ち負けの基準を何にするかは難しいのですが、仮にいくら稼いだかを勝ち負けにするのであれば、能力が低い人は不完全情報ゲームに身を置かなければ能力の高い人に勝つことは出来ないということです。知能の遺伝という運に対して、違う形の運で立ち向かう必要があるというのは皮肉なことだと思います。

稼ぐ為に有効な不完全情報ゲームとしてお勧めしたいのが株式投資です。株式投資が知能の優越で勝てないゲームということはロングタームキャピタルマネジメントの例から説明出来ます。このロングタームキャピタルマネジメントですがノーベル経済学賞受賞者などIQが高い集団でファンドを組成し当初は好調な成績を収めたのですが、最終的には天文学的なマイナスを出して破綻してしまいます。彼らは最終的には統計の罠にハマって自滅しするのですが、これは知能が高すぎた結果と言えます。

ja.wikipedia.org

ちなみに株式投資で一番大切な能力は自己規律能力です。自分をいかにコントロールするかが投資で勝つための一番の鍵となります。自己規律能力がどれくらい遺伝で受け継ぐのか分からないのですが、自分がある程度株式投資で成功出来たことを考えると後天的なものなのでは無いかと考えています。株式投資をしていたおかけで普通にサラリーマンをしていただけでは稼ぐことが出来なかった金額を得ることが出来たので早い段階で自分に見切りを付けて、違う土俵で戦うという戦略は間違って無かったと思います。

ここでおさらいになるのですが、自分が今回のブログで言いたかったことは以下になります。

  • 優秀な人は完全情報ゲームで勝負する。学歴やテストの成績で決まる社会で戦った方が有利。
  • 優秀で無い人は不完全情報ゲームで勝負する。優秀な人に努力で勝負するのはコスパが悪い。運を味方にすることが大切。

と言うことです。大切なのは自分の能力を見据えてどうやって勝負するのかを考えることです。自分の能力が低いと悩んでいる人に少しでも刺されば良いなと思います。

WH-1000XM3が凄すぎる件について

LINEのPayトクキャンペーンを利用してSONYのヘッドフォンWH-1000XM3を購入しました。以前Daigo氏が紹介していたのですが外出する時は毎回持ち歩いており、無になれるヘッドホンとのことです。

f:id:hatakazu93:20190321195917j:plain

値段は3万5000円程とそこそこするのですが、このヘッドフォンは値段以上の価値がある商品でした。感動するぐらい周りの音を打ち消します。どんなに騒がしい環境でも無の空間を作りだすことが出来ます。

このヘッドフォンを使用するようになってから、いかに騒音に囲まれた生活をしていたかを実感するようになりました。洗濯機の音や上の階から聞こえてくる足音等が全く聞こえなくなります。騒音が無い世界を経験して分かったことは集中力が圧倒的に継続するということです。このヘッドフォンを付けた状態で本を読んだり勉強したりすると集中が途切れないのでインプットの量が今までよりも遥かに増えます。学習時のドーピング機器と言った感じでしょうか。

以前ブログに書いたのですが、歳を取るとインプットが難しくなるのでお金を使って学習効率を高める必要があります。その意味で言うとこのヘッドフォンは投資する価値がある商品です。集中力が続かず悩んでいる人に特にお勧めです。

なお、メリットばかり書いたのですがデメリットもあります。それは耳が蒸れるという事です。これはヘッドフォンの宿命と言えるのかもしれません。蒸れが気になる人はヘッドフォンカバーがお勧めです。自分は下記のヘッドフォンカバーを購入しました。

mimimamo スーパーストレッチヘッドホンカバー L (黒)

mimimamo スーパーストレッチヘッドホンカバー L (黒)

このヘッドフォンが醸し出す無の空間を文章で伝えるのは非常に難しいです。気になる人は電気屋さんに行って是非一度経験してみて下さい。なお、WH-1000XM2と旧バージョンの製品が5000円程安く販売されているのですが、WH-1000XM3の方がノイズキャンセル力が圧倒的です。購入するのであれば最新バージョンのWH-1000XM3をお勧めします。

三国志全巻(60冊)が無料で読める件について

タイトルの通りなのですが、3月21日(木)〜3月23日(土)の72時間限定で横山光輝の三国志を無料で読むことが出来ます。

f:id:hatakazu93:20190321182223j:plain

ebookjapan.yahoo.co.jp

全巻セット(60冊)を購入すると1万3608円します。72時間限定とは言え非常にお得ですね。

明日は多くの人が有給休暇を取るのではと思っています。自分もその一人なので三国志づくしの休日にしようと思います。