エンジニアリングとお金の話

都内で働くエンジニアの日記です。投資と技術の話題がメインです。

【投資】気づいたら自分の投資スタイルが変わっていた件について

【SPONSORED LINK】

株の購入スタイルは人それぞれだと思う。自分の投資スタイルを振り返ると、株価が下落した時に購入する事が多く、一般的に逆張りと言われる投資スタイルを取っていた。

逆張りはその名の通り、株価が下落している最中に買いを入れる事を言う。逆張りで購入した銘柄は上手くいくと底値で購入する事が可能となり、時に大きな利益を得る事が可能である。ただ、自分が考えている価格よりも更に株価が下落した際は当然損失を被ってしまう。株価の底がどこにあるのかは神のみぞ知るところであり、至難の技であると言える。

この逆張りの対極にあたるのが、順張りである。株価が値上がりしている最中に買いを入れる事を言う。株価が値上がりしていると言う事は、業績が好調だったり、良い材料が出て業績への期待感が高まっている証拠である。株価上昇の流れについていくのが順張り投資の考え方である。

なぜ自分が逆張りにこだわっていたのかと考えると、普通の買い物を考えると分かりやすい。買い物の際、1円でも安く買いたくなるのが人の心情というものである。安くなった物を買うと言う行為は購入した段階で得した気分になるものである。すでに株価が上昇している順張り投資よりもお買い得感がある逆張り投資をつい実行しがちであった。

ただ、投資を長年続けていく内に徐々に考えが変わってきた。今まであまり株の購入について意味を考えていなかったが、利益を上げる為に購入するものだという意識を明確に持つ様になってから、自然と順張りスタイルの購入へと変わっていった。相場に逆らわず流れに身を任せるが今の相場状況ではいいと考えている。

最近思うのだが投資を行う上で大切なのはチャートが読めたり、ファンダメンタルが分かったりといった小手先のテクニックではなく、投資に対するスタンスや考え方が大きいのでは無いかと思う。投資に関する経験と知識をさらに深め、自分が納得いくレベルに早くなりたい。