エンジニアリングとお金の話

都内で働くエンジニアの日記です。いかに人生をお得に過ごすかをテーマに色々な情報を発信していきます。

実験思考が凄く良い本だった

【SPONSORED LINK】

今何かと話題の実験思考を読み終えた。文句無しにいい本でした。

実験思考 世の中、すべては実験 (NewsPicks Book)

実験思考 世の中、すべては実験 (NewsPicks Book)

光本勇介氏は世間を驚かせるアプリを世に出し続けています。どうすればそのようなアイデアが思いつくのかと疑問に思っていましたが、全てを実験として捉えるということがポイントでした。実験として捉えることにより常識の枠を外すというのは新しい発見で是非試してみようと思います。

そして一番大切だと思ったのがこの実験思考を楽しむことです。先が見えないことを不安と感じるか面白いと感じるかで世界は180度変わります。

ぼくはまず、大きな時代の流れを「鳥の目」で見ます。すると、「人は思考しなくなり、所有しなくなる」など、未来のかたちがおぼろげながら見えてきます。  そして、「虫の目」で普通の人が日常的にどんなモノを欲しているのか感じるのです。すると、日常的に使われる新しいサービスのかたちが見えてきます。  それが見えたら、そのアイデアや仮説を実行してみて、検証します。そこで何が起きるのかを観察してみるのです。  先の見えない時代、混沌とした時代は、普通の人にとっては不安な時代かもしれません。しかし、実験思考の人にとっては、これほどおもしろい時代はありません。

新しい物を生み出したいと思っている人に是非読んで欲しい一冊です。